少年野球コーチ 息子顔面直撃 ヘタパパ

チームからの緊急電話を受け、僕は買い物を途中で抜け出して、息子が入団した野球チームが練習をやっている小学校まで自転車猛ダッシュで駆けつけました。

ところが、

鼻にティッシュを詰めているらしき息子は、もう元気な姿で守備練習に。

私を見つけたコーチの方が(この方もどの子かのお父さんですね)、「D君(息子です)、ノックの時に顔面にボールが直撃したので歯でも折れたかなとびっくりしたのですが、取り敢えず少し休ませて、鼻血を拭いたところで、元気にノック練習に戻りましたよ、笑」と話してくれました。 

よその子に混じってノック練習に復活参加したらしい小学校2年生になったばかりの息子の姿を遠目に見て、私は息子に対して少し誇らしく思いました。

次の週末は、波乗りに行く前にちらりと様子を見に来よう、そう私は心の中で思いました。

息子が野球チームに入ってくれたので、心置きなく波乗りに専念できると思っていたはずの私の戦略が少しずつずれ始めるのです。。。

to be continued,

ヘタクソパパさーフィン第1話 ゴルフの楽しさ ヘタパパ お好み焼き 関西風と広島風の二刀流 ヘタパパ
 

少年野球コーチデビュー

みなさんこんにちは。ヘタパパです。

私は社会人になってからサーフィンの魅力にとりつかれた遅咲きサーファーでした。

ですが遅咲きの分、波乗りにはとことんのめり込みまして、湘南鵠沼、茅ヶ崎、辻堂と転居を繰り返し、

20代後半から30代前半の当時、片道1時間45分くらいの通勤もものともせず、毎日、出勤前の波乗りをこなしてから会社に向かうという毎日でした。
週末はもちろん波乗り。

そんなある日、当時小学校一年生だった息子が地元の少年野球クラブに入団しまして、これで土日は息子を野球クラブに預けて、僕はもさらに波乗りにのめりこめると少しよこしまな思いを抱いていました。

そう、あの電話が来るまでは。

息子が野球クラブに入団して2ヶ月経った6月のある土曜日、僕は朝一の波乗りを終えて、妻と娘とスーパーで買い物をしていました。

そこに野球クラブの監督さんから携帯に電話がかかってきまして、「あ、ヘタパパさんですか?すみません。おたくの息子さん(D君)の顔面にボールが直撃してしまいまして、はい、申し訳ないですがお迎えに来てもらえませんか?」とのこと。

慌てた僕は、妻と娘をスーパーに残して野球クラブが練習している近所の小学校のグラウンドに一目散。

そう、あの時が僕の少年野球コーチ生活の静かな幕開けだったのです。

僕はサーフィン、ゴルフ、野球(今はもっぱら観戦)とお好み焼きをこよなく愛するAround 50歳のサラリーマンです。

これから僕が息子の少年野球コーチを通じて体験した楽しかった日々、会社生活での疲れとの間でも少年野球のコーチ(僕はスコアラーになったのですが)をして本当に良かったなと思えた日々をゆっくりと紡いでいきたいと思います。

I LOVE SURF & TURF.

こんな感じです。

 ヘタパパコーチロゴマーク

よろしければお付き合いくださいませ。
成長期のお子さんに!
スーパーフードでみなぎるパワーを!
野球用具ならこちら!
「野球ギア.JP」商品購入プロモーション
ギャラリー
  • ヘタクソパパコーチ 必死の抗議!
  • ヘタクソパパコーチ ネクストバッターズサークル
  • 少年野球コーチライフ 先輩お父さんの一言 ヘタパパ
  • 少年野球コーチ 木陰からこっそり練習風景を覗く ヘタパパ
  • 少年野球コーチデビュー